生息地の家具:デザイナー、ゼネラルマネージャー、芸術監督…

パリの生息地の本社オフィス。

セバスチャン・Siraudeau

デザイン、今ピア・ファブス、店舗フランスおよび海外の開発が率いる:生息地は、すべての面の革新です。パリのオフィスで勉強...創造的な雰囲気を支配したが。

生息地の本社はフォーブルサンアントワーヌの中心部に位置しています。これは、28軒のフレンチ店の1以上の3階を占めています。約100人がここで働い:デザイナー、マーケティング、IT、金融、貿易を。 50年前に設立されたブランドは、混乱しています。これは、ロンドンのフルハムロード、サー・テレンス・コンラン 1964年に最初の生息地の店をオープンしたイギリス人デザイナーです。パリでは、モンパルナスの最初の店の開口部を見て1973年までかかります。エルヴェGiaouiや家具の流通に特化Cafomグループによって2011年に買った、ブランドは年テレンス・コンランと家具の芸術の彼の本来のビジョン後に脱皮を始めました。  

座席の一部の事業所'Habitat à Paris.

パリに位置生息地のオフィスの一部。

セバスチャン・Siraudeau

「住民」. 美しく、便利、アクセス: - そのDNA生息ヴィンテージサントゥアンで再発見される - これら三つの言葉は、その遺産の多くに影響を与えた、グループの新しいプロジェクトのためのスローガンのように聞こえるのスタイルという人生今日。設計では、ピア・ファブスと彼のチームは、同様に、家具、ホームテキスタイルやメーカーと参照設計で作られた製品のオブジェクトを想像してみてください。生命の設計:レミー・ポワールソン、マーケティングディレクターのため、生息地のクライアントは、もはや単なる消費され、彼はブランドの若いウェブマガジンです「住民」生きて、それらを呼び出します。これは、新しい時代が始まるです。 habitat.frとlavieestdesign.com 

エルヴェGiaoui、最高経営責任者(CEO)の生息地

生息地の背後に誰ですか?

セバスチャン・Siraudeau

「私は、海外領土における家具の小売グループを作成することによって開始し、私はvente-unique.comサイトでインターネットを開発しました。私は、最初のカタログの生息地の1980年代を覚えて、彼らきれいでした、私は嫉妬した!今日は、より多くの出店がフランスと海外の計画と技術革新のための本当の戦略を策定しています。」パリのあなたのお気に入りの場所? 「イヴGastouギャラリーとより広く、私はクレイジーキッチンだから行くのが大好きサンジェルマン・デ・プレ。ルーデュフォーブールサン・ドニとインドの食料品店のギャラリー。ノミサントゥアンは、雰囲気が独特なので。」 

ピア・ファブス、芸術監督の生息地

生息地の背後に誰ですか?

セバスチャン・Siraudeau

「私はほとんど偶然、友人が私にエルヴェGiaouiを導入し、Parislorsque市のワークショップでは私自身のデザインスタジオを持っていた。CeQuiが店に入る全体以来、生息地のために、私は、私のチームとともに上昇します購入するか、または作成することによってか、気分を想像して、物語を伝える。designn'est終わりではないが、この話を供給し、進捗状況を作るために可能性を。 "パリのあなたのお気に入りの場所?ポンピドゥーセンターの」ライブラリー、私がたむろして好きな場所。カフェランチのために夕食のための業界軍曹のリクルーター。熱帯農業、ヴァンセンヌの森の奥にある未知のサイトのザガーデン。そこそれでも「1907年の植民地展示からincroyablesdesの建物が残っています 

レミー・ポワールソン、マーケティングディレクターの生息地

生息地の背後に誰ですか?

セバスチャン・Siraudeau

「2012年に生息地に入社する以前、私はデジタルとテレビの分野で働いていた。私たちは皆、私たちの中に生息メモリを持っている。私にとって、これらは私たちが贈り物を滑っているカラフルなバッグですラックや友人と夕食を。グループでの私の到着後、私はすべての私の料理はここから来たことに気づきました!」パリのあなたのお気に入りの場所? 「ベルヴィル。ラケル、所有者、中ブラーニーはいつも夕食のために私のバーで場所を見つけた。オリヴィエRoellingerスパイス店は私が多くを調理するので。彼のParispourの展示会の市の近代美術館現代美術。Loftenfin私はいつも既製服店の精神を気に入っているので。」 

マリンPillon、生息地のためのプロダクトマネージャー

生息地の背後に誰ですか?

セバスチャン・Siraudeau

「私は中国での私の研究を行なったし、それは生息地を買ったとき、私はすでにCafomグループのために働いていた。今日、私はそのような花瓶、キャンドル、ガラス製品などの特定の購入の兆候を探して...私は頻繁にたむろして、私は今より良い彼を知って、次の店舗の生息地アベニュー・ド・ワグラムにしばらくの間住んでいました!」パリのあなたのお気に入りの場所? 「花、小さな贈り物を見つけるための素晴らしいショップ(皮革製品、宝石を...)。Assaporare、昼食はしばしばチームであるイタリアンレストラン。市の中心部に遊び心美術館、モード。この場所はエキサイティングです!」 

座席に事務所'Habitat à Paris.

パリの生息地の本社オフィス。

セバスチャン・Siraudeau

建物の一部'Habitat.

地元の生息地の一部。

セバスチャン・Siraudeau

敷地内'Habitat.

地元の生息地。

セバスチャン・Siraudeau

座席に事務所'Habitat à Paris.

パリの生息地の本社オフィス。

セバスチャン・Siraudeau

This entry was posted in デザイン. Bookmark the permalink.