3つの簡単な方法:壁紙をはがし

3つの簡単な方法:壁紙をはがし

ゲッティイメージズ

壁紙をはがしが本当の試練ですか?ヒント、特産品、汽船は...再塗装の前にきれいな壁のための私たちのシンプルで効果的な解決策を発見したり、新しい壁紙を置きます。オフビニール壁紙、壁や天井の水で、あるいはストリッパーとの具体的な製品のないことかどうか:手間をかけずに簡単に壁紙を剥がしする方法、あなたはここにいます詳しいです。

壁紙をはがしは本当の雑用ですか?必ずしもそうではありません。いずれの場合においても、 私たちは、新しい場所できれいな壁が必要な場合は削除壁紙は必須のステップであります. ここでは、適切に壁紙を脱ぐために私たちのさまざまなソリューションがあります。 

>> また読みます >> 敷設、新しい、飾るアイデア:すべての壁紙について 

方法1:靴ひも付き壁紙オフ

手元に、何を費やすことなく、手段と壁紙を離陸するためには、一般的にタイルをきれいにするために使用され、噴霧器、ウィンドウウォッシャータイプを持参する必要があります。よくすすいだ後、あなたはミスタークリーンの希釈または2つのプラグを持つことになりますしたぬるま湯でそれを埋めます。壁にスプレーし、へらのスクレーパータイプで離陸前に、数分間のままにすることにします。壁紙はすべてのあなたの表面を脱いで並んでいる場合の動作を繰り返します。 

トリックはまた、洗剤とスポンジを使用して動作することに注意してください。経済は、時間の経過リターンに行くことができます。この方法の長所です。  

必要な材料:  

- スプレー 

- ミスター適切な洗浄タイプ 

- へらスクレーパー 

費用: ほとんど皆無。 

>> また読みます >> 壁紙の上にペイント:どのようにして落とし穴 

浴室と台所のビニル壁紙の特定の場合

この方法は、彼らの不透過性のために湿った部屋(浴室、台所...)で使用されるビニール壁紙の上に努めています。ビニル壁上の熱水スプレーは、それが接着剤に到達するようにワイヤブラシ、サンドペーパー又は難治ゾーンに電気サンダーを通過する最初に必要であり、無関係です。  

必要な材料: 

- ワイヤーブラシ 

- サンドペーパー 

- 電気サンダー(オ​​プション) 

費用: その費用の範囲は数ユーロから百ユーロの品質に応じて電動サンダーを購入しない限り、比較的安価。  

方法2:特殊な製品と壁紙を削除

簡単に壁紙を剥離し、それを通過し、接着剤を溶融するために設計された壁紙の上に直接適用される特別な製品は、まだあります。いくつかは、水に希釈しなければならない、他の人は、スプレーの形態で使用する準備が整いました。紙は、その後、緩やかに下から上に進み、十分に大きなスパチュラを使用して、はるかに容易に離陸します。これらの製品は、壁の漆喰の表面範囲のすべてのタイプに適しています。  

必要な材料:  

- プロダクト "フグの壁紙" (ビニル紙やすり):水で希釈したものをDIY店でリッターあたり5ユーロ。  

- 広いへら:DIY店でいくつかのユーロ。 

費用: (小部屋のために下に$ 20)が安いです。 

>> また読みます >> Wallpapering:10の落とし穴を避けるために 

方法番号3:スチームストリッパーと壁紙を除去

また、より高価が、はるかに速く、特に広い客室を改装用:スチームストリッパーを。それは、アイアンのように動作しますか?ほとんど...  

時間(壁紙のストリップを誇示手で5分)保存以外の利点は、その組成が化学物質でコーティング又は製品なしで行うことができるというれる:水のみで十分であり得ます。それは水に浸した終わると、最終的に崩壊してしまうので、壁の漆喰の蒸気の強い流れに壁紙ストリッパーを使用するにもかかわらずことをお勧めします。  

必要な材料:  

- 壁紙 

- コーナーや糊残りのためのへら 

費用: DIY店で一等賞のために40ユーロの価値がストリッパーの壁紙。非常に具体的な使用のために、それは週末のためにKiloutouまたは38.30ユーロでの一日のために、たとえば、25,80ユーロを借り安いです。最高の市場は、特定のレンタル間の融資はbricolib.netまたはe-loue.comのようなサイトで一日あたり5ユーロで開始されます。 

>> また読む:壁紙ストリッパーを使用する方法? 

いくつかの注意事項...

- 安全上の理由から、サーキットブレーカーの電源をオフにし、プラグを外し、スイッチと最終的には、防水シートを使用して土壌を保護します。  

- 最後に、それはただのりをきれいに石鹸と水であなたの壁をすすぎます。石膏壁がある場合コートは表面を平坦化する必要があるかもしれません。  

This entry was posted in 開発およびリフォーム. Bookmark the permalink.