天井のデザインは、ホールやベッドルームのインテリアを作る際に非常に重要です。これらの部屋は仕上げ材の選択に特別なアプローチが必要です。したがって、現代市場で提供される最高のオファーに注意を払わなければなりません。これらにはストレッチ天井が含まれます。信じられないほどの美しさと品質の特性で、彼らはかなり妥当な価格を持っています。ストレッチ天井のあるホールの内部は目を喜ばせ、コストがかからず、より速く取り付けられます。 ストレッチ天井の使用は、高価なパテを表面に塗布し、次に塗装するよりも安価である。この場合、天井の外観はより壮観で現代的です。 しかし、そのようなさまざまな素材でどのようなテクスチャや色合いを選択すると、寝室やホールの内部の天井が伸びますか?クラシックなインテリアやハイテクスタイルで何を使用しますか? 材料選択 ストレッチ・シーリング市場では、質感や外的特性に影響を及ぼす特定の特性のリストを含む、そのようなバージョンの材料が存在する。 最も人気のあるもの: 光沢のある; マット; 半成熟。 サテン。 最初の3つの品種はPVC材質です。サテンの天井は、リストの最後に、織りの基礎、彼らの欠点と利点があります。しかし、彼らはPVCアナログよりも高価です。そのため、リビングルームやベッドルームに排他的で高価なインテリアを作り出しています。 素材は、見栄えの良いサテンの質感と高貴な外観を持っています。天井はシルク布で覆われているようです。 しかし、サテンの素材はそれを気にすることに慎重であり、深刻な汚れを許容せず、水分を通過させる。 光沢のある素材は小さな部屋に最適です。たとえば、クラシックまたはハイテクスタイルの不十分に広々としたベッドルームの場合。この素材は、視覚的に部屋をより広々としているため、鏡像効果を作り出します。大きなホールには、光沢のある天井も適しています。しかし、マテリアルは、マルチステージの天井を作成するときは、マットまたはセミマット素材と組み合わせる方が適しています。
インテリアの天井の台座は、部屋のデザインに最終的なタッチを与えるのに役立ちます。この装飾要素の品揃えは非常に広く、主なものは幅とスタイルで適切なモデルを選択することです。 なぜ天井バゲットを使用するのですか? 天井の台座は、バゲット、フリーズまたはフィレットのような他の名前で見つけることができます。その最初の目的は明らかです - それは天井の周囲を変え、 インテリアデザイン. 第2の重要な目的は、壁と天井との間の継ぎ目の凹凸を隠すことである。 バゲットの設置は特に困難ではない。さらに、いかなるタイプの天井にも適している。 スカート材の選択 製造業者が天井にしている材料: ポリスチレンフォーム; ポリウレタン; ポリウレタン発泡体; プラスチック;
鉄筋コンクリートスラブの前にある木製の天井の利点は、環境に優しいこと、断熱性、室内の熱遮蔽性という点で否定できない。魅力的なデザインの美しい天井のデザインは、木の密度とタイプが完全に一致していることから、壁の覆いも同じ鋸挽き方法のボードでできている家のインテリアを完全に補完します。壁の装飾のために現代的な材料を使用する場合、都市のアパートの内部にある木製の天井はあまり明確ではありません。 他の材料との木材の適合性 カーボードによる天井の板張りを施した木造住宅は、一般的に受け入れられている設計です。壁が厚板で覆われているか、ログや梁のいずれかの自然な外観をしているかどうかにかかわらず、木製の天井は、自然に部屋に適しています。壁をコートで覆う場合、天井に同じ色合いを与える必要はありません。 壁のための赤い色で、天井は含浸または黄色の色合いの保護ワニスで覆うことができます。 天井と木製の壁 壁に低湿度の木材を使用し、自然な水分レベルを有するボードの天井には、自然の色を保つ含浸で表面を処理したり、樹木に特別な色合いを与える必要があります。そうでなければ、数年間で天井は家の壁よりも古い材料でできているように見えます。木の老化過程はさまざまな形で起こるため、目を引くことができます。 木製の天井は水蒸気、水分、臭いを完全に吸収します。木材を天然水分でさらに保護することなく、キッチン内で色を変えるだけでなく変形させることができます。これらの2つの欠陥は、プレーナとグラインダを使用することによって容易に排除される。 木材が吸収したにおいを取り除くために、可能性はありません。それらはラッカー塗料でのみブロックすることができます。 そのような魅力的な パターン 幹の接線切断で縦線の木が得られます。そしてこれは、ボードが高い湿度を持ち、元の形状を失うまで乾燥しがちであることを示唆しています。このようなボードからの天井は、低湿度で一定の空気温度の部屋でのみ行うことができます。 春になると冬には暖かくならないような天井を作ることは、あなたの決定に非常に失望することでしょう。 ボードと石 天井は、重さではなく、材料の外観によって決定される壁よりも、どんな内部でも重く見えるはずです。コンクリートブロック、レンガ造り、壁のデザインの一種の自然石は、木製の天井の使用のための優れた基礎となります。天然石やレンガを使う必要はありません。
インテリアのシャンデリア - これは美しさ、恵み、感情の盛り上がり、無限のインスピレーションの海です。クラシック、クリスタル、プロヴァンス、ティファニー、アールデコ、オリジナルイケアなど、多様性と創造性があります。しかし、どのように調和して補完するモデルを選ぶか デザイン 敷地内? 完璧なシャンデリアを選ぶ方法 よく選ばれたシャンデリアは多くのことができます - 文字通りスペース全体の認識を変えることができます。彼女の購入は、全体の準備が整った時点で延期することができます インテリア. しかし、あなたは反対をすることができます - 誘惑されたシャンデリアから出発して、デザインを思いついてください。 その贅沢な選択肢は巨大な私有財産のためだけだとは思わないでください。現代的なデザインでは、しばしば反対のスタイルの要素を組み合わせたものがあります。たとえば、シリスタンのシンプルなインテリアのシックなクリスタルのシャンデリアやスタイルのバリエーション
私たちは部屋に天井を作ることができるものから、どのようなタイプと天井のデザインが浴室に適切であろう、子ども部屋やリビングルームでは、事前に対処する必要があります。最近までほとんどが、それは天井に行うことができる - それは、塗料やしっくいのです。そして今、天井面の仕上げに懸濁または張力構造、壁紙織物、様々な材料を使用する、または特別なタイルステンドグラス、ミラー、さらに金属板を使用することができます。どのような材料は、浴室、リビングルーム、キッチンやベッドルームの天井のために選択する? 仕上げ作業はどのように始まりますか? 推測や仮定で失われないようにするには、まずコンパイルが必要です ドラフト 一般的には部屋のデザイン、特に天井があります。形状や基本的な設計要素をよりよく視覚化するためにスケッチを作成することができます。このような視覚化は、どの色と陰影が最も適しているかをよりよく視覚化し、子供の部屋、浴室、廊下またはリビングルームの設計を強調するのにも役立つ。 マルチレベルの天井の場合、構造全体を適切に配置し、照明をもたらすためには明確なスキームが必要です。 異なる仕上げの利点と欠点 天井を飾る方法の選択は、あなたの想像力と可能性に完全に依存します。あなたが基本的なスタイルに固執すると、アカウントに施設の機能特性を取る場合は、任意の設計上の決定は、関係なく、彼らがいたどのように勇敢な、完璧、インテリア保育園、バスルームや廊下を補完していません。 天井の仕上げ方法を選択するときは、作業の複雑さ、仕上げ作業の全体的なコスト、選択された材料の性能特性も考慮に入れます。 ホワイトニング 伝統的な方法は、表面を特殊な溶液チョーク又は石灰で被覆され、その天井トリムしっくい、です。解決策は絶対に任意のスタイルの決定のインテリアに適しているカラースキームを、追加されていない場合、結果は、雪のように白い天井です。いくつかは、白塗りの天井の色を好む、彩度は、子どもたちがよりよい明るい日陰、そして雪のように白いバスルームを完備していますことは可能である、作品に解決することができます。このタイプの設計の主な利点は、材料コストが低く、仕上げ加工のコストが最小であることです。 天井を白っぽく塗るために、専門家を招く必要はなく、あなた自身で作業を行うことができます。
吊り天井の設計は、最近の建物の革新である。近代的な建物は新しい技術で完成しました。デザイナーは、新しい高品質の建材の使用、壁の仕上げの新しい方法、浴室の他の面、廊下、アパート全体に頼って、居住用アパートやオフィスの外観を開発しています。 石膏ボードからの吊り下げ構造 救済天井は、アパートのオリジナルデザインの作成に貢献します。彼らは調和よく現代のインテリアにフィットし、部屋、キッチン、廊下、バスルームの頭の上の表面の欠陥や不規則さを隠すのに役立ちます。マルチレベルの構築は視覚的にスペースを広げます。各レベルに設置された器具は、部屋を別々のゾーンに分割し、多機能ルームを快適にします。 アパートの区域への部屋の分割は、非標準形のスペースのコンパクトで便利な使用を容易にする。 狭い廊下、キッチン、または浴室でさえ、コーナーや壁の周りに照らされ、石膏ボードの第2レベルのスポットライトを持つと、より広々となります。マルチカラーを含むさまざまな照明オプションを適用できます。 吊り天井の種類: 部屋の一般的なスタイルと組み合わされたボリュームの半円形デザイン。 それぞれのゾーンで照明付きの2階建ての天井。 複雑なデザインの広々とした客室に適した3階建ての複合構造。 列を持つバリアント。 アパートの吊り天井 室内または廊下の天井の天井は特別な設計です。その設置は、設置時の設計と特別な注意の精密な計算を前提としています。そのような作業は、専門家の助けを借りてのみ行うことができます。 吊り天井の複雑な設計では、芸術的な味と技術的な知識を組み合わせる必要があります。やや複雑な設計がしっかりと保持されていなければならず、治具には保守のためのアクセスがあり、ワイヤで確実に接続する必要があります。 フレームの設置段階で、照明器具を設置するか、クランプを使用して後で完成した穴に設置します。廊下やバスルームの中断された構造では、大きなシャンデリアが取り付けられていません。
ストレッチ天井は豪華に見えますが、それは照明の選択源とストレッチ天井に適したシャンデリアを決定するだけです。このような天井仕上げの特徴は、照明装置の構成の選択に失敗した場合に破損して変形する可能性がある材料である。 右のシャンデリアはカバーを保護するだけでなく、デザインの壮大さを補完します。 ストレッチ天井の特徴 ストレッチ天井のための専門のシャンデリアの選択は小さいです。しかしニュアンスを知ることで、通常の範囲から適切なモデルを選択することは可能です。アタッチメントの仕組みやシャンデリア本体の構造についての推奨事項があります。事実、その船体の構造は、天井コーティングの過熱を防ぐために良好な断熱性を有するべきである。さらに、伸びる天井の素材には、幌草の構造と配置が必要です。 右シャンデリアの特徴 高価な天井カバーは、ランプの近くにあります。それは60度以上加熱してはならないPVCフィルムです。温度基準をわずかに上回るとフィルムが醜い変形を開始したり、焼け付くことさえあります。このことから、すべてのシャンデリアが伸びる天井で部屋を照らすのに使用できるわけではないことは明らかです。 必要な特性に注意を払う: 照明器具は、光の流れが天井に向けられないように設計されなければならない。逆の場合、高価な材料が燃え尽きることがあります。 プラウンドの推奨構成 - 側面と下面の閉じたモデルまたはガイドライト。 シーリング材から照明材までの距離が大きいシャンデリアを選んで塗料の加熱を防ぎます。 通常の小さな部屋のストレッチ天井はセンチメートルの高さで "食べる"ので、大規模で複雑なシャンデリアは部屋を視覚的に低くします。このアドバイスは、3m以下の施設の高さには適用されません。