多くの場合、補修作業を行う、カブスは失態を許可:慎重に色、素材の風合いをよく考え、天井をペイントするために何色を考えずに、キッチン、廊下、部屋や寝室の壁や床に飾らされるの使用と。これは、天井が早く白くなるという事実によって説明される。おそらく、あなたはすでにあなたが天井をペイントすることができますどのような色に知っているが、それにもかかわらず、あなたが最終的な決定を下す前に、記事を読むことをお勧めします。 今日、石膏ボードから退屈な無色の天井はもはや流行です。そのデザインのために、あなたはテクスチャに注意を払う特別な材料を選択する必要があります陰影、 パターン または 装飾品. 基本ルール、重要なニュアンス キッチンやリビングルームを飾るために選んだ色合いは、気分、幸福、活力に直接影響します。したがって、目のための落ち着きのある快適な色を使用して壁を飾ることが好ましい。 青、オリーブグリーン、ライトグリーン、ベージュ、ディープイエロー、テラコッタの自然な自然の色合いを選ぶのが最善です。 寝室、ホール、廊下またはキッチンの壁が既に1つの色や壁紙で塗装されている場合は、選択肢はあまりありません。石膏ボードの天井の色合いは、壁や家具の色と調和していなければなりません。 いくつかのニュアンスを考慮して、色合いを選んでください: 有毒な陰影 - 天井のための最善の解決策ではありません。 明るい、3次元パターンや装飾は広々としたベッドルームに良く見えますが、近い廊下や小型キッチンを完了するために使用することはできません。
壁を仕上げる方法を選択すると、多くは伝統的な絵画を好む。 塗装された壁は、ミニマリズムのような古典的なインテリアとモダンインテリアの両方にうまくフィットします。 染色はユニークな効果を作り出す強力なデザインツールです。興味深いアプローチは、アパートに2つの花がある壁を描くことです。 このデザインでは、ポップアートの強力なエネルギーを部屋に加えたり、クラシックなインテリアの調和のとれた背景をもたらすことができます。 壁の塗装の利点 塗装された壁は、壁紙に覆われた壁に比べて、鈍く、落ち込んでいると考えられています。これは大きな誤解です。現代の塗料には多くの利点があります。例えば、色は事実上あらゆる色で容易に着色することができる。壁紙はそのような自由を与えません。 塗料は様々な割合で組み合わせられ、興味深い色合いと効果が得られます。 しかし壁を2つの色で塗装するのは簡単ではないと思います。そのような作業には特別な注意が必要です。それは高品質のペイントテープを取るでしょう - それは汚れを必要としない表面を保護し、すでに塗装された壁の層を傷つけることなく容易に除去されます。 組み合わされた絵画は、計算、測定、およびマーキングにおいて最大の正確さを必要とする。 色々な染色方法が一定の時間を要するため、忍耐強くなる必要はありません。 コンビネーションカラーリング:カラーマッチング 2つの色の調和のとれた組み合わせのためには、あなたの目の前にカラーホイールを持つだけで十分です。
どんなトーンでも、デザインの主な色域が選択されると、家の中の白い色が現れます。都市のアパートでは、空間の視覚的拡大のために白い色合いが必要です。パノラマのグレージングのある木製家屋の広い部屋では、リビングルームの壁が茶色で、ベージュの木の色合いであれば、白と白をカーテンにすることができます。 白いカーテンの木製インテリアの装飾 - このスタイルでは、客室は耳の不自然な戸棚を使わずに家具の助けを借りてゾーンに分かれています。 ホワイト・ブラウン・ガンマ ブラウンは異なる場合があります:赤や白の色合いの優位性と、クールで温かい、豊かな - ほとんど黒と中性 - ベージュの危機に瀕して。茶色の色調で施された家の中の白い色は、装飾の原色の1つとして存在します。寝室のインテリアで白い色、リビングルームは、バスルームには、建物の壁、家具の選択と任命のカラースキームによって異なります。 ベッドルームはベージュの色合いで良く見えます。 家のホールでは、チョコレートの背景のコントラストと大きな花 飾り 白い色;
部屋のデザインにおいて、重要な問題は、内部の色をどのように選択してすべての基準が観察されるかである。多くの点で、部屋の状況は色のスケール、特に心理的健康に依存する。 赤ちゃんが多くの時間を費やしている子供用の部屋に適切な色合いを選ぶことが特に重要です。 リビングルームと寝室には、特別な色のソリューションが必要です。そのため、家やゲストのテナントは快適で快適です。したがって、色を正しく組み合わせ、壁や織物、家具を装飾するための主な色域を選択することが重要です。 異なる部屋に適した色 どのようにインテリアで適切な色を選択する - これは、住居の設計で最も重要な質問です。結局のところ、この家は騒ぎから逃れて仕事をしたい天国ですから、リラックスして快適に過ごせるように客室の色を選択する必要があります。正しく選択されたトーンは、どの部屋でも快適さと居心地の良さを保証します: リビングルームの壁の装飾で最も頻繁に使用する 青またはその配色. それは精神をリラックスし、ほぼすべての追加の色と組み合わせられ、同時にそれは調和しているように見えます。 子供部屋の場合、青い尺度とすべての涼しい色合いが適しています。 レクリエーションエリアが計画されている部屋では、 グリーン, そのクールな色合いと同様に。これは子供の部屋、寝室、リビングルームに最適です。この色では、自然、すなわち森林、草、花が関連付けられています。
グリーン 配色 家の内部で楽観的な雰囲気を維持する - これはこのパレットのプロパティです。 ピスタチオは複雑な複合色. 若い緑の色、自然の喜びの目覚め、人生を彩る感情は、家の中に緑色を引き起こします。目には気持ち良く、正しい色合いを得るという欲求は、色づけの実験に多くを押し込む。あなたはしばしば行く必要がある場所で言葉であなたのリビングルーム、キッチン、寝室の壁の色を混合し、大切なピスタチオの色を取得する方法?シンプルで、同時に難しい。あなたは、忍耐、時間、インスピレーション、あなたの理想的なインテリアデザインの写真が必要です。 塗料の色を混合する魔法 その名前はナッツの色に与えられ、その殻は分かれていて、あなたは緑色を楽しむことができます。パレットは、茶色の緑色から少し淡い色調に変わります。インテリアにはどのような色合いが必要かを理解する必要があります。いずれにしても、特定の色の色が必要となり、実際にピスタチオの色を取得する方法の問題が決定されます。 パレットは、茶色の緑色から少し淡い色調に変わります! 仕事に必要なもの: 色のサンプル(インテリア写真、壁紙の一部、 イラストレーション); 塗料:青緑、黄色(黄土、テラコッタ)。
インテリアのオレンジ色は喜び、楽観主義、そしてポジティブなエネルギーです。スペクトルでは、オレンジは赤と黄色の間に位置しています。最初から、彼は思考過程を活性化し、一般的な調子を維持し、気分にプラスの影響を与え、楽観主義を刺激する能力を得た。 心理学者は科学的にこの色が証明された: 陽気な環境を作り出します。 移したストレスの後に精神的エネルギーを回復させる; 慢性疲労と無関心の闘い。 適切な意思決定に集中するのに役立ちます。 創造的活動と発語活動を刺激する。 感情の表現を促進する。 食欲を改善する。 インテリアのオレンジ色は、明るく暖かい部屋を楽しくするのに役立ちます。それと同時に、過度にしないことが重要です - 過剰な量の明るいネオンシェードは、刺激、片頭痛、そして大変なタイヤを引き起こす可能性があります。 主な特性 -
インテリアの穏やかな緑色は、家庭で特別な暖かい雰囲気を作り出すのに役立ちます。キッチン、ベッドルーム、リビングルーム、色合いの組み合わせ、実験に簡単に使用できます。 あなたが陽気で陽気な人なら、居間のメインまたは追加のインテリアとして明るい緑色または薄緑色を安全に選択できます。パステルカラーでは、寝室、子供用の部屋、またはバスルームを手配することができます。 利点と機能 インテリアの緑の色は、どんなパン粉が入ったアパートのための本当の発見でしょう。そのタイプとターゲットの付属品、施設内で最も多様なものを設計する際に、広く普遍的に使用されています。 今日、インテリアの石灰色は装飾のために使用されています: - キッチン; - ゲストルームまたはホール。 - ベッドルームと呼ばれる部屋。 - 子供用の部屋またはゲームルーム。 -
インテリアのデザインでは、適切に選択されたカラーソリューションが決定的な役割を果たします。壁を塗りつぶす色について明確な推奨はありません。 シェードを選択するには、部屋のスタイル、個人的な嗜好、性格を考慮する方がよい。 インテリアの配色の意味 特定のスキルで、あなたはそれを自分で行うことができます。 どのような寝室があるべきかを前もって想像する方がよい。ベッドルームの壁にペイントする色にジレンマが発生する場合は、最初は部屋をレクリエーションに使用し、ここでは積極的な色調は不適切であることを念頭に置いてください。 色の範囲では、ピンク、ベージュ、バニラの色が優勢です。 必要ならば、家具やインテリアを配るために、寝室のカラーソリューションは明るいパステルカラーでなければなりません。個人の嗜好は非常に重要であり、寝室に何色を塗るかを決める。 また、寝室での色の影響を考慮する必要があります。多くの点で、これはベッドルームにどのような色があるべきかを決定します。色合いの組み合わせは、インテリアをより調和させるでしょう。明るい色は厄介なように見えますが、壁の1つを強調するために使用できます。ベッドルームの壁に何色を塗るかを決定する必要があります。たとえば、赤いサーフェスは内部のアクセント要素になります。従って、前提の基本的な背景は、ベージュ、ライトピンク、または白色であり得る。 人の色の心理的感情的影響のニュアンスを考慮して、ベッドルームの壁をどのような色に塗るかを決める必要があります。 スタイルとカラーパレットの組み合わせ スタイルにも値があります。部屋の色を塗るだけでなく、スタイルの調和を損なわないことも重要です。 ミニマルな方向に支えられたインテリアでは、寝室の壁の冷たい色が好まれます:薄い青色、灰色、白色。 シンプリシティの登録では、最小限の装飾が歓迎されています。オプションとして、いたずらフレームの写真、または完全に無しの写真。モノクロームの彫刻、透明な形がインテリアに完璧にフィットします。そして彫刻は石膏で作られるべきではありません。 ミニマリズムのために、装飾および仕上げ材料は金属またはガラスによって特徴付けられる。