長い間家のバルコニーが残ったもののための倉庫だった時代があります。バルコニーまたはロジアを備えた部屋のデザインは特に重要です。登録のオプションがいくつかあるためです。バルコニーまたはロジアのスペースは、快適な生活のために設計された追加のメーターです。 バルコニーに接続されたキッチンからは、ダイニングルーム、キッチン、テラスを組み合わせた豪華な空間を得ることができます。 しかし、任意の建物のための追加の平方メートルは、インテリアデザイン、生活空間の拡大、および創造的な開発アプローチの可能性を持っています。 装飾 部屋のスタイルとは何か、すぐには十分に解決されますが、家を修理するときにエリアの追加のメーターを処理する方法が必ずしも明確ではありません。 部屋とバルコニーのデザインを作成する主な方法は2つだけです。 部屋とバルコニー - 独立した部屋。それぞれが独自の目的を持っています。インテリアデザインは響きません。 部屋とバルコニーは共通の空間です。バルコニーとロッジアの組み合わせは、1つの部屋の問題を解決するように設計されており、共通空間のデザインは統一されたスタイルで解決されています。 最初の選択肢では、通常、基本的な再計画は行われません。 あなたがそれを釉色させ、計画されたデザインに従って修理したいならば、バルコニーで作業するだけで十分です。部屋は独立したスタイルで装飾され、部屋はその機能を果たします。まあ、両方の部屋が長方形の場合 - このスペースにはたくさんの部屋を置くことができます。
大部分の人々は、バルコニーの壁紙が珍しく見え、居心地の良い雰囲気を作り出すことを知らない。彼らは他の部屋と同様にそこに接着されています。しかし、これは間違っています。これは、その構造、大きさ、目的の特別な部屋です。これらのインジケータに応じて、バルコニーの装飾の材料を選択する必要があります。 バルコニーの壁紙を使用する 壁紙をバルコニーに貼り付けることはできますか?はい、しかし、あなたがロッジのインテリアを作成する前に、それがこれに適していることを確認する必要があります。 結局のところ、大量のお金とエネルギーが修理に投資される状況があり、部屋の不在のためにすべての美しさがすばやく消えます。 あなたは、そのような要因を考慮に入れて壁紙を接着することができます: すべてのタイプの仕上げ材は、暖房やガラス張りの部屋すべてに適しています。 ロジアがガラス張りですが加熱されていない場合は、気温が5℃を下回らない場合には固着を行うことができます。これは、部屋が十分に断熱されている場合に可能です。 すべての材料は、室内に置かなければならない水分のレベルを示しています。 ねじを取り除く必要があります。 これらの指標をすべて考慮しても、バルコニー用の壁紙にはカウントできません。 彼らは非常に壊れやすく、短命です。したがって、バルコニーには、液体や竹などの壁紙に適した数多くの種類があります。 接着のための壁の準備 糊付けを開始する前に、準備手順を開始する必要があります。材料を壁の表面に良好に保つためには、いくつかの処置を行う必要があります。 1。
装飾仕上げ石 - これは外観と質感が天然岩に似たタイプのタイルの1つです。 ほぼすべての建物を仕上げるために使用されるハイテク建築材料です。しかし最近、バルコニーに装飾石が使用されることが多く、その結果、美しい石造の模造品が得られます。この資料を使用してロッジの内部備品をどのように実行するかを考えてみましょう。 装飾石は何から成っていますか? バルコニーとロジアの仕上げ用の石は石膏、プラスチック、アクリルまたは石英製です。 材料の組成は、コストおよび設置の容易さに依存する。この場合、材料の外観、強度および耐久性は、天然のものとほぼ同一である。 装飾石の構造: 高品質セメント; 材料の重量を減らすための軽量充填剤; 細粒の砂; コンクリートの速い注入のための特別な添加物。 使用のメリット ガラス張りで断熱されたバルコニーでも、仕上げ材のための最良の条件は作られません。私たちが石の人工アナログについて語ると、材料の技術的特性と特徴により、強度と信頼性の指標を維持しながら、このゾーンで使用することができます。
都市部のアパートに住む人々は、居心地の良いバルコニーとロジアを夢見ています。バルコニーのスペースは非常に小さいですが、それはスタイリッシュにすることができます - バルコニーであなたは面白いデザインの効果を実現することができます。レンガでできた美しいバルコニーのデザインを作成するためのオプションが多数用意されています。 ロッジで最も簡単で効果的なレンガ造りの仕上げ方法は伝統的な絵です。 当然のことながら、バルコニーがガラス張りであればどんな仕上げ作業でも価値がありますが、断熱されていればより良いでしょう。 レンガ造りの石積みの準備 装飾する最も簡単な方法は、基本的なレンガを使用することです。 この場合には、石膏なしで行うことは容易であり、煉瓦表面の滑らかさを達成するように努力すべきである。 レンガを扱うには、金属のブラシとサンドペーパーが必要です。大小2種類のナズダキを用意する方が良いです。 処理プロセス: 1.最初に、ブラシで壁をブラシで拭き、溶液の要素を取り除きます。これは、石工プロセス中に必然的に表面に落ちます。 我々はブラシで壁を磨く ブラッシング後、壁を粗いサンドペーパーで処理し、次いで細かいサンドペーパーで処理する。 壁nazhdachkoyを粉砕する
ロッジアの修理の最終段階は仕上げの選択です。最善の選択肢は、ライニングからバルコニーデザインを作成することです。しかし、シースプロセス自体には多くのニュアンスがあることを理解する必要があります。 結果の質は、材料選択のルールと壁面への配置が守られているかどうかによって決まります。 ライニングの選択方法 ライニングはロッジアの装飾で人気のある素材で、ユニークなインテリアを創り出しています。この場合、冬の庭園、職場、レクリエーションエリアを作成することで、施設の目的を変えることができます。 ライニングには主に2つのタイプがあります: プラスチック。 それは美しい光沢のある表面の存在によって区別されます。この品質は小さなバルコニールームにとって重要です。光沢のある要素がスペースを広げることができるからです。主な利点 - 損傷した部品のクリーニングと交換が容易です。しかし、プラスチックを内部に取り付けることは難しいかもしれません。 木製。 即座に居心地と快適さを作り出します。バルコニーの普及した方法は非常に人気があります。しかし、そのような材料は絶え間ないケアを必要とし、それだけで良い外観を持つでしょう。それはこの木がバルコニー上の任意のアイデアの背景になるためです。木材からのライニングのデザインは、木の質感も異なると仮定しています。 メッキの技術要件の開発で増加し始めた。そのため、木製ボードでさえ改善されました。例えば、ライニングがありました。 その特長は次のとおりです。 品質(普通のライニングが湿った木材から作られている場合、ユーロは乾燥した木材で作られています)。
バルコニーの装飾は、通常、修理プロセスの最後の最後に延期されますが、それはまったく完了しません。しかし、このエリアの小さな近代化の助けを借りて、アパート全体の外観を大幅に改善することができます。 どのように創造性と結果のプロセスから最大の喜びを得るためにバルコニーを飾るのですか?バルコニーのための独自のソリューションを見つけるのに役立ついくつかのアイデアがあります。 ほとんどのアパートメントにバルコニーが、冬のサラダと価値のクリスマスボウルがある中で、捨てては残念であると、不必要なものを保存する追加のキャビネットやkomorki、として機能し、夏には窓がいくつかの魅力のない植木鉢が飾られています。ロッジアの壁は建物の正面のようにレンガのままです。窓は大きく、寒くて不快です。しかし、これはすべて変換を行うことができます。ロッジアの装飾は、審美的な調和だけでなく、機能的な空間を家に持ち込むでしょう。 オープンバルコニーのアイデア オープンバルコニーの装飾は、閉じたバルコニーとは少し異なります。さらに、天蓋があるかどうかに依存しています。第1に、コーティングおよび壁の仕上げは、霜および耐湿性でなければならない。さもなければ、最初の雨の中で、床と壁が膨らんだり、底から逃げることさえあります。 あなたが壁に木製の仕上げをしたい場合は、ボードとパネルは必ず真菌、カビと水分からの組成物で処理する必要があります。 原則として、これは、以前はビルディングストアで含浸を購入した私たち自身の手で行うことができます。上に含浸された木材は塗装、または塗装することも推奨されます。 しかし、開いたバルコニーを仕上げるための最も合理的な解決策は、石のある壁の装飾です。 自然はより多くの費用がかかりますが、耐摩耗性は高くなります。バルコニーの所有者の力の下に自分の手で顔をする。 屋根付きのバルコニーではいつでも窓を置くことができます。カーテンの存在により、インテリアは暖かく居心地の良いものになります。断熱材を使用した高級仕上げは、最も冷たい屋外バルコニーを暖かく快適にします。しかし、オープンロッジを装飾するアイディアがあります。小さなバルコニーの装飾は、ミニマリズムの方向に行う方が合理的です。扱いにくい細部のスペースをロードする価値はありません。しかし、壁用として、石の仕上げに加えて、部屋の家具は、偽造や彫刻が施された拠点にヴィンテージ浅い棚を強調することができます。 あなたが木彫りを好むなら、棚の棚と棚は自分で行うことができます。 開いているロジアのスペースが十分に大きければ、その上に一種のガゼボを置くことができます。つまり、新鮮な空気の中の夏の楽しい娯楽のためのテーブルと椅子。 天然素材で作られた籐の家具。 しかし、それも適切に扱われなければならない。窓の外側部分はライトカーテンで飾ることができます。
多くのアパートメントでは、バルコニーは非居住地域とみなされ、しばしば保管室として使用されます。しかし、この空間を研究として使う方がはるかに効果的です。バルコニーからバルコニーを作る方法?少しの努力、知識、想像力、街の景色を楽しむスペースがあなたのサービスになります。 ワークスペースをここでは理想的なオプションにしてください: ロッジアはアパートの他の部分より静かです。 より自然な光があります。 換気しやすいバルコニー。 オフィスは通路の部屋にはありません。 すべての詳細を考慮し、レイアウトとデザインを正しく計画することが重要であり、オフィスは快適で快適です。ここでは仕事が簡単でした。修理の前に準備作業を行う必要があります。 施設の準備 どのようなデザインがあなたのオフィスにあるかにかかわらず、快適な滞在のための部屋を用意する必要があります。時間内には約1週間かかります。 まず、バルコニーを釉しなければならない。 2つの二重窓を備えた窓を使用する方が良いです - 彼らは通りの冷たさを抑えます。クラック、クラック、ドラフトを完全に取り除く必要があります。これを行うには、マウンティングフォームを使用します。しかし、それはあなた自身ではない方がいいです。不正確な "シーリング"が修理を損ない、湿度を高め、部屋を冷たくします。
標準的なアパートメントでは、ベッドルームは通常ベッドルームとリネンクローゼットに十分なスペースがある最大13㎡の小さな部屋です。バルコニーやロッジアがこの小さな部屋に隣接するのはとても幸運です。バルコニー付きのベッドルームは、そのデザインがホストに完全に合っており、家にうまくいきます。 狭いスペースの有用なスペースを取り付けることにより、部屋は追加の平方メートルを受け取り、特別な場合に必要な設計決定が実現されます。 何よりも、2つのスペースを組み合わせるという考えは、多くの人が住む小さなアパートに関係します。ここではすべての広場。実用性に基づいてメートルを使用すべきである。バルコニーの狭いエリアでさえ便利です。 空間を結合するメリット 最大13平方メートルの小さな部屋では、狭いバルコニーエリアの追加によるパラメータの増加が非常に重要です。 いくつかのフリーメーターでも適切なアプリケーションが見つかるので、部屋は大きくなり、生活に便利になります: 部屋に住んでいる方がより快適で広々としています。  自然光が部屋を明るくするのに役立ちます。  部屋全体が変形され、空間のジオメトリと知覚が変化します。 作業の開始前に、再開発は管理組織と調整する必要があります。 バルコニーまたはロジアの温暖化 部屋13メートルまたは他のサイズにバルコニーまたはロッジアに参加し、彼らの確立を行うためには必要であるが、まず第一に、マージされたスペースの狭域の温暖化の世話をします。 現代の建築材料は、プロパティと価格に最も適したものを選択することができます。 壁の断熱材としては、以下のものがあります。