部屋、廊下または台所のためのラミネート:どのように店舗で提示されたすべてから最高のオファーを選択する?いくつかの基本的な特徴を知ることで、選択肢を決定するのに役立ちます。ラミネートは、近代的なアパートで最も人気のある床の一つです。この素材は価格の良さが特徴で、不要な費用をかけずに美しい景観を床に与えることができます。 アクセシビリティに加えて、ラミネートには多くの利点があります。 長いサービス寿命。 湿気および直射日光への耐性; インストールの簡素化。 簡単なメンテナンス。 環境に優しい。 また、ラミネートは色彩とデザインの豊富な品揃えで現代市場に提示されていることにも注意してください。 特徴 多くの部屋、アパート、プライベートハウスの所有者は、他の床材にラミネートフローリングを好まれることがよくあります。それには理由があります。まず第一に、高品質のラミネートは、しばしば自然の木と区別することが不可能です:同じテクスチャ、同じ パターン, 同じ密度。それは価格が数桁低いということです。 同時に、この物質は生態学的観点からは絶対的に安全であり、においもなく、有害物質を空気中に蒸発させない。 加えて、積層体は、メンテナンスのしやすさおよび不本意さによって特徴付けられる。このコーティングは湿気を恐れず、洗うのが簡単であり、傷つけるのは非常に困難です。
最近まで、インテリアのコルク床は、異国的で珍しいもののカテゴリに属していました。しかし、自然と環境に優しいすべてのものに対する需要の増加は、この物質の急速な人口増加に寄与しました。コルクの材料には大きな利点があります。 コルクの木の樹皮は、密閉された小さな密閉室が14ゲンの形をしています。この材料の立方センチメートルには、不活性ガス、窒素と酸素の混合物で満たされた4千万を超えるチャンバーが含まれています。換言すれば、この材料は空気の半分からなる。しかし、これは重要ではありません。 空気室のおかげで、材料の表面は自然なタイプの減衰特性を持っています。表面の圧力で、コルク材料はその形状を回復することができる。 コルク材料の主な成分は次のとおりです。 スベリンは、脂肪、有機アルコールおよび酸からの複雑な基質である。それは全要素の45%です。これは、材料をプラスチックおよび緻密にし、液体または気体の物質の材料への浸透を許容しない。 Lingin - 複雑な高分子化合物は植物性コンクリートとも呼ばれます。重要なのは第二に、コルクの27%を占めています。これにより、コルク材料の全ての要素が一緒に保持され、材料の強度が高まる。 多糖類 - 材料の質感および構造的完全性を保存する。 タンニン - コルク塗料に飽和色を与えます。
ラミネートよりも床を仕上げるための新しい材料の名前を付けることは困難です。それはすぐにアパートを改装するときに床の自己装飾のために最も頻繁に使用されるものの1つになりました。彼はロックスパイク溝がギャップと高さの違いなくモノリシックなコーティングを作るのに役立つという事実によって、その設置が単純化されたという事実に恋していました。 ラミネートフロアのカラースペクトラムは、白から濃茶色、黒色まで非常に広いです。 第1の種類のラミネートは、水分を恐れ、少量の水であっても直接接触することから、PVCコーティングの外観がその魅力を失ったという重大な欠点を有していた。今、あなたはアパートのほぼすべての敷地内にこの木の材料で床を覆うことができます。 個々のタイプのラミネートの水に対する耐性の増加は、パネル中の樹脂の特別な選択およびラミネート層のコーティングのために達成される。 最も頻繁に販売されている外観とテクスチャの両方で天然木を模倣する模様のパネルを見つけることができます。表面が粗いと、濡れた床に落ちる可能性が低くなります。 図面 木製のお部屋は暖かさと快適さをもたらします。しかし、全体のデザインの内部に色とスタイルが混在しているため、部屋の装飾のために床カバーの理想的な色を選択することが常に可能であるとは限りません。 ラミネートの色合いが多く、パネルの寸法が同じであるため、複合コーティングを作製することが可能になる。 複合床のラミネートを選択するためのヒント 木の2つの色合いのリビングルームとベッドルームの床カバーの作成は、いくつかのルールに従わなければなりません。 寒い色の範囲から1つのシェードを使用し、暖かいから1つのシェードを使用する方が良いです。コーティングにおけるそのような色の選択は、室内の現在の内部を有利に強調するだけではない。次の美容修復では、壁の色の選択はもはやラミネートの選択された色に依存しない。 ダークキャビネットの家具を備えた部屋の場合、使用するのに最適なオプションは、ミュートされているが非常に明るいトーンではないラミネートです。例えば、ポプラの灰色はベージュ色調と完全に調和しています。黄褐色を使用する場合は、茶色で交換する方が良いです。 床カバーのグレーのグレーの色合いは、明るくほぼ白色の色調と組み合わされています。しかし、ここでは床の色は壁の家具や壁紙の色の選択にいくつかの制限を定めています。 床の2つの要素のうちの1つの存在は、ダークブラウンであり、第2のシェードを正しく選択することで、どのような配色のインテリアにも完全に補完します。白い寝室でこの床色の組み合わせを使用する場合、2番目の色は部屋の内部と一致する必要があります。デコレーションの主な要素が艶や艶を漆塗りしている場合は、純粋な白の素材を選択する方がよいでしょう。
ほとんどの消費者は、サービス寿命、設置およびメンテナンスの容易さ、手頃な価格などを考慮して床材を選択します。このおかげでラミネートは幅広い選択肢にもかかわらずリーダーシップを維持します。これは、リノリウム、寄木細工、カーペットの需要を先取りしています。インテリアの暗いラミネートは、消費者の間でオンデマンドでそのセグメントにおけるリーダーシップポジションを保持しています。 ラミネートの利点: 外部からの影響に対する耐性。塗装は薄くなく、燃え尽きることなく、洗濯に使用される家庭用化学品の積極的な成分の影響下で色が変わらない。保護上層は、汚れをきれいにすることができない程度に材料に浸透することを許容しない。 低い需要。ラミネートと一緒に、特別に設計された洗剤、スポンジ、ブラシの全範囲を購入する必要はありません。 外部の魅力と美学。ラミネートはすぐにシックで高貴な部屋に追加され、高価に見えます。 機械的影響に対する耐性。衝撃から窪んだままではありません。ボードは、長期間使用しても内向きに曲がらず、変形しません。 幅広いテクスチャと色。特定の部屋に適したオプションを選択できます。 床のための暗い色 ラミネートフローリングの暗い色はオリジナルで、興味をそそる、エレガントで(しかもトレンディーな)デザインで、排他性を主張しています。彼は部屋を気絶させると同時に、厳格な古典的な設定にpiquancyを導入しています。 その否定できない利点には、以下のものがあります。 不適切に選ばれた環境を作る能力は心理的に快適で居心地が良い。壁や家具、シャープなエッジと悪い考え抜かれた照明の暗いラミネートのシャープな色のコントラストが部屋の所有者はまだ良い味を持っているという事実を強調し、見えにくくなります。 低い需要。軽いラミネートでは、はるかに顕著な汚れた靴、汚れ、他のごみの刻印です。もちろん、これは、ダンラミネートが洗浄する必要がないことを意味するものではない。 多様性。クラシックからバロック、ミニマリズム、ハイテクまで、どんなスタイルのインテリアでも、ダークラミネートはどこにでもあります。 コントラストのゲーム。このプロフェッショナルなデザイナーのためには、暗い床はすぐに目を引き付け、残りの環境の要件を決定するものです。
ソビエト時代には、カーペットはほぼすべてのアパートのホールや廊下からは譲りがたいものでした。しかし、このインテリアの部分は、より豊かな歴史を持っています。創業以来、インテリアのカーペットは家を飾る役割を果たしてきました。東部では、彼らは部屋全体を囲んでおり、このデザインは非常に裕福な人々の特権でした。 中世ヨーロッパでは、カーペットは、強力な富と影響力のある領主の兆候だった、巨大な石造りの建物の内部を絶縁し、特定の快適さを作成し、他のものの間で、より多くの城、全体の軽量化を与えます。 しかし、ソ連の崩壊とアイアンカーテンの開放により、モルドバのカーペットは、ホールと廊下の内部を飾る他の方法に取って代わりました。そして、アパートの内部のカーペットは「スクープ」に関連付けられました。そして、無駄に。リビングルーム、ホール、廊下、または他の部屋には、よく選択された高品質のクレーターまたは白いカーペットが装飾の仕上げのタッチになることができます。多くのアパートメントやプライベートハウスは不足しており、住居に快適さをもたらします。 現代の市場では、様々な形状、大きさ、色やデザインのカーペットなどイケアなどすべての主要な建物のスーパーマーケットやショッピングセンターで見ることができるの例の多くを提供する準備ができています。 現代の家の壁にカーペット 多くの人が誤って、廊下の現代的なインテリアのモルドバやヨーロッパのカーペットは、過去の遺物、悪い味の兆候、またはその完全な欠如と信じています。しかし、これは完全に間違っています。 前世紀の終わり以来、ホールや廊下のインテリアの装飾のルールは大きく変わりましたが、壁のカーペットはそれほど人気を失っていますが、価値を失っていません。 イケアのリビングルームやホールの内部には、壁に取り付けられたモルドバとヨーロッパのカーペットが展示の中心となり、調和のとれた吹き替えが可能です。デザインは、部屋を飾る優勢なスタイルと所有者の好みに左右されます。同時に、リビングルームまたはホールの内部の壁のカーペットは、適切にスタイルのように見えることができる モダン, 厳格な古典や近代的なハイテクでは、快適で快適な部屋を作り出しています。 カーペットの色とカーペットのパターンは何でもかまいません。青いカーペットには、黒紫色の模様や明るく現代的な模様が入っています。 イケアから色「シマウマ」の内部のカーペットは、ホールの内部に新鮮さとオリジナリティのタッチをもたらすでしょう、そして豪華な東洋の敷物は部屋の機微を与えます。壁に敷かれたカーペットは、インテリアで仕上げることができます。このテーマは、状況の快適さと部屋の快適さを強調し、部屋のスペースをより広々とし、軽くて暖かくします。 適切に選択されたカーペットの助けを借りて、あなたは特定のインテリアオブジェクトにゲストを集中させるか、単に機能領域を強調表示することができます。 床にカーペット
廊下の床には、毎日、靴のかかとや靴底、掃除剤、水、埃、砂、塩などの不都合な要因があります。このようなストレスの影響を受けるサイトでは、耐性のある床カバーを選択する必要があります。 タイルは重大な負荷で非常にうまく動作します。この決定の不平等さは、20年前に市場に提示された資料が魅力的な外観を持たなかったことによるものであり、この理由から急性の必要性にのみ使用されていたからです。現時点では、状況は根本的に変化しています。タイルからの廊下の床の設計は、多くの問題を解決する。 現代の建設市場は、様々な形状、大きさ、デザインのタイルの広い範囲をすべてのコーナーに提供する用意ができています。 そのような品種は、インテリアの不可欠な部分になる材料を選ぶことを可能にします。この場合、優れたタイルは、最も高品質で高価なラミネートまたは寄木細工であっても、性能特性を上回ります。 利点と欠点 現代のタイルのデザインは非常に多様です。市場には天然木や石の色や質感を模倣するモデルがあります。また、珍しい模様やプリントを持つタイルもあります。適切に選択された素材は、インテリアの強みを強調します。さらに、長年の床はその魅力を失わず、新しいもののように見えます。 とりわけ、タイルの床は清掃が容易であり、化学洗浄剤および機械的負荷を恐れない。 しかし、他のコーティングと同様に、タイルには欠点があります。この材料は硬く寒いです。たとえば、木製のボード、ラミネート、カーペットなどのように、上に乗るのはあまりいいことではありません。タイル張りの床が多すぎると、廊下の床のデザインが暗すぎて冷たくなることがあります。この理由から、この材料は小さな領域で使用する必要があります。 しきい値の近くの部屋の小さな部分でタイルを覆うのに十分な信頼性と耐久性を確保するには、負荷の大部分を占めます。 タイルフロア入りエントランスホールデザイン タイルを使用して、スペースを機能領域に分けることができます。この材料の助けを借りて、閾値付近に位置する靴ゾーンを外すことが好都合である。廊下のデザインは、組み合わされた床仕上げを含むことができる。さらに、2つのタイプの床材を使用することにより、視覚的に空きスペースにスペースが追加されます。 タイル張りの床は、廊下のデザインを調和させるものでなければなりません。セラミック材料は、メインフロアカバーと組み合わされていなければなりません。 タイルの選択方法 廊下のタイルを選択するときは、次の要素を考慮してください。
インテリアを作成するときは、床の色を選択することが非常に重要です。この灰色のインテリア枢機卿は確かに役割を果たすでしょう。壁、扉、床の色を正しく組み合わせることで、膨張から伸縮空間までの任意の効果を得ることができます。色の組み合わせの法則がデザイナーによって長く開発されているため、推測する必要はありません。あなたの家の内部に調和をもたらすために彼らのアドバイスを使用してください。 色の選択の法則 床や扉の色の範囲は、壁紙や絵画で壁を飾るのではなく、少し限られています。にもかかわらず、店に来ると、ラミネート、寄せ木張り、リノリウム、台座、またはタイルのかなり広い範囲の色が見えます。あなたの必要性がどのような種類のセックスであるかを決定するために必要な最初のこと - 暗いまたは明るい。適切な部屋とデザインのために使用される場合、両方のオプションは適切で適切です。 床の陰影はどのような効果をもたらしますか? ライトシェードは、優れたライトリフレクターとスペースルーペです。さらに、それはスペースを、明るい色合いの壁と組み合わせた清潔感と鮮度の感覚を与える。これは、リビングルームとベッドルームのための普遍的なソリューションです。しかし、ライトフロアとクールな壁紙のトーンを組み合わせると、不快な雰囲気が広がります。これは部屋の北西の位置に特に当てはまります。 暗い色合いは、安定性、スタイルと明るいコントラストであり、壁、家具、装飾の要素のために薄い壁紙で薄められています。暗い床と同じドアを組み合わせることで、暗い闇が生まれる可能性があります。一般的な明るい背景の床の調子にある対照的なアクセサリーの使用は非常に調和しているように見えますが。しかし、このソリューションは、十分な日光を受ける部屋にのみ適しています。 便利な特別なオンラインアプリケーションは、壁紙とアパート内の装飾の他の要素の色の組み合わせを正しく選択するのに役立ちます。 ファッションの1つは、白い床がほとんど黒い家具と組み合わされ、その逆の場合のコントラストのゲームです。同じことが床と対照的なドアの色にも当てはまります。そのような技術は、白の可能性のある過剰性と黒の重さを無効にする。 キッチンの床の色の特徴 キッチンや廊下では、他の部屋とは違って、タイルやリノリウムを使うことができます。想像力の余地があります。 台所には明るい赤、黄色、緑のタイルを置くことができ、過度なことを避けるために、白と交替することができます。このような床のデザインを壁の壁やファサードの色に合わせると、明るく活気のある雰囲気が実現します。このようなキッチンでは、絶妙でオリジナルの料理を作りたいと思っています。 しかし、床の厳しい色は台所でも人気があります。これはクラシックスタイルのプロヴァンス(プロヴァンスのスタイルでキッチンを飾る方法:ヒントと推奨事項)です。美しさは自然色で実現しています。キッチンの床の実際の傾向は、灰、チョコレート、黒色のパワフルなオーク材の床を模したラミネートです。