廊下はアパートや家のすべてのゲストが見る最初の前提です。したがって、その外観はすぐに所有者の味を知るのに役立ちます。 廊下の美しくてエレガントなカーテンは、部屋の中でよく選択され、すべての訪問者に好印象を与えるのに役立ちます。 廊下のカーテンには利点があります: 彼らは完全にドアを別の部屋に置き換えて利便性を生み出し、所有者が気分に応じて頻繁に変えることができるような「ドア」、 天井にある半透明のカーテンは、その装飾として役立ち、内部の風合いを与えます。 廊下の窓の中でカーテンで飾られていれば、所有者は家の中に居心地が良く、好きな雰囲気を作り出す美しい装飾要素を受け取るでしょう。 選択するカーテン カーテンの選択は、窓の利用可能性および位置、廊下の一般的なスタイルおよびそのサイズに依存する。小さな部屋でカーテンを選択するときは、デザインルールのいくつかを考慮する必要があります。 狭い部屋では、明るい透明のチュールが適している。 視覚的に空間を拡大するには、水平パターンのカーテンを使用できます。 低い部屋では、視覚的に高さを上げることを可能にする縦型パターンで織物を掛ける方が良い。 カーテンは、複雑な装飾なしで選択する方が良いです。 別のオプション -
インテリアの明るい色合いのカーテンは、自由度、やすらぎと静けさと関連しています。彼らはどの部屋にいるかに応じて、空間を増やしたり調整したり、インテリアの重要な細部を強調したり、光と祝賀を加えたりすることができます。 寝室用ライトカーテン 次のような場合は、寝室やリビングルームで明るい色を使用することをお勧めします。 部屋に不十分な照明を提供する小さな窓がある場合。この場合のパステルカラーは照明のアンプであり、ウィンドウのエッジを視覚的に拡大します。 デザインがパステルカラーで作られている場合は、全体的な配色のトーンでカーテンで補完することが重要です。 静かなインテリアのために、リラックスと快適なリラクゼーションのために設計されています。 高齢者カップルの寝室のため。 客室は明るい色の使用を前提としたスタイルで作られています。クラシック、シックなシック、スカンジナビアなどのスタイル。 天井の低い小さな窮屈な部屋では、ライトパレットの存在は、多くの欠点を修正して滑らかにするのに役立ちます。 インテリアが明るい色で飽和している場合、それを少し希釈して少しバランスを取る必要があります。 リビングルームのアイデア リビングルームは家のメインルームの1つとして機能し、家族がゲストを迎え入れます。したがって、その外観と文体のデザインは理想的でなければなりません。 明るい色合いのカーテンを使用すると、適切な涼しさでエレガントで快適な雰囲気を作り出すことができます。 リビングルームでは、次の色合いの単色カーテンが調和して見えます。
各家屋で最も重要なことは、この家に住むホストと来るゲストの感覚に居心地の良い雰囲気と調和のインテリアの助けを借りて創造です。ストライプのカーテン - 数世紀にわたり居間をデザインする際に使用される古典的なデザインオプションの1つ。 このようなカーテンの利点の1つは、その多用途性である。それはリビングルーム、保育園、寝室、または台所かどうか、任意のインテリアに書く可能性。 品種のストリップ ストライプカーテンは屋内の他のインテリアとよく組み合わせられ、部屋の比率を調整するのにも役立ちます。 カーテンのストリップの種類: 垂直 - 視覚的に天井を持ち上げたり、壁を長くしたりすることができます。小さな家具のある部屋でうまく見えます。 水平 - 天井の高さを "減らす"と同時に、視覚的に部屋を広げることができます。しばしば、このストリップは小さなベッドルームや台所で使用されます。
彼らはインテリアの真の装飾になるように寝室でカーテンを選択する方法? 当然のことながら、このテキスタイルデザインはインテリアデザインに完全に対応し、その主な特徴を網羅しています。 それは非常に重要な色のデザインだけでなく、布の質感とそのテクスチャです。カーテンの助けを借りれば、快適で平和な雰囲気を作り出す必要があります。 選択の制限 寝室は積極的な環境影響に晒されていないため、織物の選択は幅広い可能性があります。上記のすべてが考慮されるように、寝室でカーテンを選ぶ方法は? あなたは虹のほとんどすべての色を使用し、異なる色合いを組み合わせることができます。 素材はもちろん、天然の生地が好ましいが、完全に人工的なものが混在していてもよい。 ここでは、範囲を限定するニュアンスのいくつかを考慮する必要があります: 人工繊維にアレルギーがある場合は、自然なものだけに制限する方が良いです。 インテリアがアールヌーボー様式で装飾されている場合、カーテンはブラインドやローラーブラインドを好む方が良いです。 ミニマリズムのスタイルでは、単色のカラーソリューションが使用されます。 美的装飾に加えて、織物は他の目的を果たさなければならない。例えば、部屋を完全にまたは部分的に暗くする。さもなければ、カーテンは部屋の普通の装飾になります。 カーテンの種類 あなたがインテリアデザインに関連して適切なタイプの織物を決定するならば、ベッドルームのカーテンをピックアップするのは簡単です。カーテンには次の種類があります:
多くのデザイナーは、カーテンはインテリアの主な要素の1つであり、そこを通って部屋を変えることができると信じています。 そういうわけで、彼らの選択には非常に注意深く接近すべきです。ティーンエイジャーの男の子または女の子の部屋のカーテンは、いくつかの要件を満たさなければなりません。それを選択する際には、色のデザイン、素材、その他の要因を考慮する必要があります。 ティーンエイジャーの部屋のカーテン 青年期は、子供が経験している多くの変化が特徴です。これは、少年が子供から十代に移動する時代です。この間、未来人の性格が形成される。彼は自己肯定と完璧のために努力しています。 したがって、部屋を飾るときには、デザイナーは、ティーンエイジャーの意見を聞くことをお勧めします。 すべての決定は彼と調整する必要があります。彼の考えはすべて可能な限り実現されるべきです。必死の状況では、問題を解決するためにデザイナーに助けを求めることができます。 少年のティーンルーム用のカーテンは、主に2つの機能を果たします。つまり、日光から部屋を保護し、インテリアの重要な要素として機能します。 彼らの助けを借りて、部屋はより快適で快適になることができます。 これらの織物は安全規則を満たさなければならないことを忘れないでください。選択するときに最も重要なのはこの基準です。 ティーンエイジャールームは、子供が婚約し、休憩し、同僚と会う多機能ルームです。したがって、カーテンの選択には非常に注意深く接近すべきである。 彼らは余分な光から残りのゾーンを保護しなければならないと同時に、作業のための最適な照明を作成します。 デザインには、異なるカーテンの組み合わせがよく使われます。それは以下のようになります: 薄い生地と厚いカーテンのチュール。 透明なチュールとブラインド;
小さなお部屋には小さな窓があります。ホストは、開口部を美しく装飾するだけでなく、その費用をかけて部屋のスペースを増やすことも試みています。適切なアプローチでは、割り当てられる小さなウィンドウでカーテンを選択し、内部にいくつかの絵画を持ち込むことができます。 カーテンは、好ましくは、全体的な配色に基づいて選択される。極端に暗く暗い色調に訴えるのはお勧めできません。 今日まで、小さな窓のための多くの種類のカーテンがあります, 窓の開閉を強調して部屋全体を飾るのに役立ちます。 カーテンの種類 小さな窓用のキッチンカーテンは、以下のタイプのものがあります: 古典的。 この場合、lambrequinまたはカーテンを使用してください。窓を広げるために、フレームよりもやや広いコニシェを使用することができます。シフォンやチュールは軽い布に掛けられています。上にポッドヴァタミとカーテンを掛け、lambrequinをする。 ローマ人。 小さなウィンドウに適したオプション。帯電防止特性を持つ材料で作られているので、生活のための優れた選択肢になります。このタイプのカーテンには、特殊な角柱が必要です。 フランス語。 カーテンは持ち上げ機構に固定されています。場所は水平または垂直にすることができます。彼らは全体のキャンバスのように見えますが、それは折り目に集められています。カーテンを下げるか上げるかにかかわらず、外観はエレガントなままです。 ヒンジ上。 インテリアを装飾するためのきわめて美しく独創的な方法。布で作られたループはコニシェルに吊るされている。
日本のカーテン(言い換えればパネルカーテン、カーテンスクリーン) - 滑り構造。これは、世界が日本人の小さな住居に与えるものです。彼らは、彼らの精神に完全に対応する解決策を見つけました。 当初、パネルは大きなスペースを小さな区画に分割するように設計されていて、それぞれが独自の目的を持っていました。窓の上にそれらを吊るすことはヨーロッパの考えです。 日本のカーテンは幅1.5mまでの布地のまっすぐな布で、固定ブラインドやスライドドアのワードローブのドアと同様に固定ガイド(1つまたは複数)に沿って両側に移動します。薄くて軽い織物がフレームに追加されているので、折り目がなく、底からの重さだけで密度があります。コーニスは、天井、壁、床、リンテルの戸口に取り付けられています。 パネルカーテンには折り目、装飾コード、弓、フリンジ、その他の付属品がありません。 それらとの多面性には比較がほとんどありません。窓カーテン、ドア、壁、スクリーンを比較します。一対のパネルを並べ替えることで、内部の変化を目立たせることができます。 日本のカーテンの長所と短所 カーテンスクリーンには否定できない利点があります。 ファブリックのタイプと色に制限はありません。 塵や汚れがなく、折りたたみやカーテンが必然的に蓄積する。簡単に洗浄できます。 インストールには複雑なデバイスは必要ありません。カーテンも簡単に取り外すことができます。 日本のカーテン用のファブリックは、他のすべてのオプションよりも数倍少ない必要があります。初心者でも仕立てに対応できます。これは重要な節約です。 日当たりの良い面に面した窓は、これが最善の解決策です。全領域が閉じられ、鮮明で盲目的な光が柔らかく拡散した光に変わります。
カーテンが住宅全体の雰囲気を知覚することに対する影響については、ほとんど考えていません。そして、ユニークなインテリアを作りたい人は、ベージュの壁紙のベッドルームに適したカーテンを見つける方法を常に知っているとは限りません。多くの組み合わせがあります。したがって、各部屋ごとに異なる部屋を使用し、家の中で適切な雰囲気を作り出すことができます。 基本的な技術 カーテンの選択で最も頻繁に4つのウィンウィンスキームが使用されています。これらは普遍的なものであり、できるだけ単純なものです。 トーンでトーン。 この場合、明暗の差を観察する必要がある。 落ち着いて飽和しています。 モノフォニックコーティングを施した壁の場合、明るく表現力豊かなカーテンを選択できます。ここには適切な荒木、編組、布のパターンがあります。 パターンに従って。 部屋に壁紙と模様の組み合わせを使用して枠をつけている場合は、カーテンで同じものを使用できます。 ライトトーン。 オプション、ほとんどの場合に適しています。普遍的で、どの部屋でも使用されています。考慮すべき主なものは、冷たいまたは暖かい色の範囲である。 可能な色の組み合わせ ベージュの色合いは多くあります。ベージュと他の色の組み合わせがうまくいくかどうかを判断するための規則があります。 黄色い。